二重まぶたに関する情報が満載。埋没法や切開法などのふたえ手術方法をはじめ、術後の不安など様々な情報を掲載!

二重まぶた・ふたえの情報サイト
MENU
トップページ
二重まぶたの原理
上手なカウンセリングの受け方
埋没方
切開法
術後を決定する最大の要素
患者ができる手術協力
良いクリニック及び医師選び
ここが知りたい
FAQ
FAQ
料金一覧
無料メールカウンセリング
モニター募集
瞼板法 挙筋法
患者ができる手術協力
患者の協力で手術が非常にしやすくなったり、しにくくなったりすることがあります。
デザイン時の注意
眼を閉じた状態でデザインが行われますが、その際、できるだけ眼球を動かさないようにしましょう。
デザインは、0.5ミリの誤差もないように綿密に行われます。眼球が動くと、左右の二重の幅を同じにデザインするのが困難になることがあります。
麻酔時の注意 
恐怖心からついまぶたに力が入ってしまいがちですが、力を入れると筋肉が収縮し、まぶたが固くなって針が入りにくくなり、余計に痛みが強くなります。また、血管が拡がり、出血しやすくなりますから、できるだけ、気持ちをリラックスさせて、まぶたには力を入れないようにする方が良いでしょう。
無意識に力が入ってしまうのは、仕方ありませんので、できるだけで結構です。
手術中の注意 
目を軽く閉じた状態にしておいて、上まぶたを反転する際は、できれば下の方を見るようにすると術者はやりやすくなります。しかし、あまり難しく考えることはありません。こうしなければいけないと思うとかえって緊張することもありますから、できればで結構です。
二重まぶたの原理
・二重まぶたのできる構造
・二重まぶたの原理
上手なカウンセリングの受け方
・カウンセリングとは
・上手なカウンセリングの受け方
埋没法
・埋没法
−瞼板法−
・瞼板法とは
・瞼板法の種類
−挙筋法−
・挙筋法とは
・挙筋法の種類
切開法
・切開法
・切開法の種類
術後を決定する最大の要素
・埋没法の術後の経過を決定する最大の要素
・糸を強く結ぶことによるデメリット
・糸を強く結ぶことによるメリット
・糸をゆるく結ぶことによるデメリット
・糸をゆるく結ぶことによるメリット
患者のできる手術協力
・デザイン時の注意
・麻酔時の注意
・手術中の注意
良いクリニック及び医師選び
・クリニックのホームページを見る
・医師の経歴
・美容外科の経験年数
・カウンセリング無料のクリニック
・電話予約時の注意
手術料金の高いクリニックと安いクリニック
・カウンセリング
ここが知りたい
FAQ
症例写真(埋没二重)
料金一覧
無料メールカウンセリング
モニター募集
監修クリニック紹介
二重まぶた講座 トップページ | 二重まぶたの原理 | 上手なカウンセリングの受け方 | 埋没法(瞼板法・挙筋法) | 切開法 | 術後を決定する最大の要素
患者ができる技術協力良いクリニック及び医師選び | ここが知りたい | FAQ | 料金一覧 | 無料メールカウンセりング | モニター募集 | 監修クリニック紹介
Copyright(C) 2005 TUTU I-biyougeka. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】