二重まぶたに関する情報が満載。埋没法や切開法などのふたえ手術方法をはじめ、術後の不安など様々な情報を掲載!

二重まぶた・ふたえの情報サイト
MENU
トップページ
二重まぶたの原理
上手なカウンセリングの受け方
埋没方
切開法
術後を決定する最大の要素
患者ができる手術協力
良いクリニック及び医師選び
ここが知りたい
FAQ
FAQ
料金一覧
無料メールカウンセリング
モニター募集
瞼板法 挙筋法
上手なカウンセリングの受け方
カウンセリングとは
どこのクリニックでも、カウンセリングなしでいきなり手術することはありません。それだけ、カウンセリングは大切なことなのですが、ともすれば形式的になりがちで、医師と患者の意志の疎通が取れていないことがよくあります。
カウンセリングとは、手術の内容や経過、そして術後の注意事項について医師が一通り説明して、患者からの質問があればそれに応答するというものです。二重まぶたのカウンセリングでは、患者の希望の幅の確認作業も含まれます。時間は、15分から30分位が一般的です。
上手なカウンセリングの受け方 
STEP1
カウンセリングは、手術をしてもらう医師に行ってもらいましょう。
クリニックによっては、カウンセリングの医師と執刀医が異なっていたり、医師の免許を持たないカウンセラーが行っているところもあるため、予約の際に必ず確認しておきましょう。
自分の手術をしてもらう医師に、自分の思いや気持ちをしっかり伝えておくと、手術の際に機械的にデザインをして手術するのではなく、患者の気持ちを分かった上で手術してもらえるからです。
STEP2
まずは、医師の説明に耳を傾け、メモを取りましょう。
最初から質問をするのではなく、取り合えず医師の説明に耳を傾け、大切な内容を聞きもらさないようメモを取りましょう。
医師には手術に関して、説明する義務があり、一通りの内容を説明しなければなりません。いたずらに最初から質問して貴重な時間を無駄に使うことがないようにした方が賢明だと思います。
STEP3
質問事項は、要点を整理してメモとして用意しておきましょう。
質問事項は、要点を整理してメモに書いて用意しておきましょう。カウンセリングの時は、頭が真っ白になって、医師の説明を十分理解できていなくても、「ハイハイ」とうなずいてしまうことが、よくあります。終わってみて、頭に何も残っていないまま、手術を受けるということになりがちです。ですから、予め、こういうことは聞いておきたいという質問があれば、紙キレにでも書いて、医師の説明が終わった後に尋ねてみるとよいでしょう。
STEP4
希望する二重の写真があれば、持参しましょう。
自分の頭に描いている二重を言葉でうまく表現できそうにない場合は、希望する目がよく分かる様にアップで写っている写真を見てもらうとよいでしょう。医師にとっては、言葉の説明では、足りないところを補ってくれる情報を得ることになります。
STEP5
あらかじめ、「こういう感じがいい」と二重のラインを決めておくと良いでしょう。
鏡の前でヘアピンなどで二重のラインをいろいろ作って、「こういう感じがいい」というラインをあらかじめ、決めておくと良いでしょう。
カウンセリングの際に、医師は必ず、どのようなラインを希望するのか尋ねてきます。そして、仮のラインを作り「こういう二重が良いですか?」と確認してきます。その時に、迷わずに自分の希望するラインをはっきり言えるようにしておく方が良いと思います。
一生付き合っていかなければならない自分の顔なのですから、医師任せにせず、自分の意志でこういうラインにしたいとか、だいたいこういう感じがいいというところを時間をかけて決めておきましょう。おかしい場合は、医師の方でアドバイスしてくれると思います
STEP6
カウンセリング後、すぐの手術は避けた方が良いでしょう。
カウンセリング後、すぐに手術をするのはできるだけ避けた方が良いでしょう。仕事が忙しく時間が取れなかったり、遠くにあって何度も往復ができないなど仕方ない場合もありますが、カウンセリングの内容が思っていたのと異なるケースもあるので、カウンセリングと手術は、別の日にするのが無難だと思います。
STEP7
必要最低限、尋ねておきたいこと。
a) 手術方法・・・どのように糸で止めるのか。(瞼板法か、挙筋法か)
b) 何か所で止めるのか・・・何点止めという表現は、誤解を招く恐れがあるので、何本の糸で止めているのか聞く方が良いでしょう。
c) どのような糸を使うのか・・・とける糸か、ナイロン糸か、その色は透明な糸か、黒又は青い糸か。

これは、もし何らかの事情で糸を抜く必要が生じた場合、他のクリニックで抜く時など、おおいに参考になるからです。
二重まぶたの原理
・二重まぶたのできる構造
・二重まぶたの原理
上手なカウンセリングの受け方
・カウンセリングとは
・上手なカウンセリングの受け方
埋没法
・埋没法
−瞼板法−
・瞼板法とは
・瞼板法の種類
−挙筋法−
・挙筋法とは
・挙筋法の種類
切開法
・切開法
・切開法の種類
術後を決定する最大の要素
・埋没法の術後の経過を決定する最大の要素
・糸を強く結ぶことによるデメリット
・糸を強く結ぶことによるメリット
・糸をゆるく結ぶことによるデメリット
・糸をゆるく結ぶことによるメリット
患者のできる手術協力
・デザイン時の注意
・麻酔時の注意
・手術中の注意
良いクリニック及び医師選び
・クリニックのホームページを見る
・医師の経歴
・美容外科の経験年数
・カウンセリング無料のクリニック
・電話予約時の注意
手術料金の高いクリニックと安いクリニック
・カウンセリング
ここが知りたい
FAQ
症例写真(埋没二重)
料金一覧
無料メールカウンセリング
モニター募集
監修クリニック紹介
二重まぶた講座 トップページ | 二重まぶたの原理 | 上手なカウンセリングの受け方 | 埋没法(瞼板法・挙筋法) | 切開法 | 術後を決定する最大の要素
患者ができる技術協力良いクリニック及び医師選び | ここが知りたい | FAQ | 料金一覧 | 無料メールカウンセりング | モニター募集 | 監修クリニック紹介
Copyright(C) 2005 TUTU I-biyougeka. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】