二重まぶたに関する情報が満載。埋没法や切開法などのふたえ手術方法をはじめ、術後の不安など様々な情報を掲載!

二重まぶた・ふたえの情報サイト
MENU
トップページ
二重まぶたの原理
上手なカウンセリングの受け方
埋没方
切開法
術後を決定する最大の要素
患者ができる手術協力
良いクリニック及び医師選び
ここが知りたい
FAQ
FAQ
料金一覧
無料メールカウンセリング
モニター募集
瞼板法 挙筋法
術後を決定する最大の要素
埋没法の術後の経過を決定する最大の要素
埋没法の術後の経過を決定する最大の要素、それは、糸を結ぶ強さです。
糸を結ぶ強さは、医師によって様々です。
瞼板法で行っている医師は、ほとんどが強く結んでいます。実際に、私が経験してきた他院での瞼板法の抜糸の際の糸の長さは、どれも非常に短いものでした。
瞼板法で、ゆるく結ぶと二重が取れやすくなるため、必然的に強く結ばなければならなくなります。
挙筋法の場合は、ほとんどがゆるく結ぶか中位の強さで結ぶ医師が多いですが、中には瞼板法と同じくらい強く結ぶ医師もいます。
糸を強く結ぶことによるデメリット 
1) 強く結べば、強く結ぶほど腫れが出やすくなります。
2) まぶたのしめつけの度合によっては、頭痛が生じたり、眼瞼下垂(まぶたがあがりにくくなる)を引き起こすことがあります。
糸を強く結ぶことによるメリット 
1) 二重のラインが取れにくくなります。
2) 閉眼時の糸や糸の結び目が目立ちにくくなります。
糸をゆるく結ぶことによるデメリット 
1) 二重のラインが取れやすくなります。
2) 閉眼時に糸や糸の結び目が目立ちやすくなります。
糸をゆるく結ぶことによるメリット 
1) 術後の腫れが少なくてすみます。
2) 眼瞼下垂を起こしにくくなります。
以上のことより、腫れを少なくする場合は、二重が取れやすくなったり、閉眼時に糸や糸の結び目が見えやすくなる確率が多少高くなることをふまえて、ゆるく結ぶことになります。
また、取れにくい二重にするためには、腫れや眼瞼下垂気味になる確率が多少高くなることをふまえて、強く結ぶことになります。

そこで、埋没法の手術が上手な医師とは、患者の希望する二重の幅を考慮に入れながら、患者のまぶたの状態(皮膚のたるみ、厚さ、脂肪の量、筋力の強さなど)を見て、相矛盾する各要素をできる限り100%満足できるように、糸を結ぶ強さを加減できる医師ということになります。
二重まぶたの原理
・二重まぶたのできる構造
・二重まぶたの原理
上手なカウンセリングの受け方
・カウンセリングとは
・上手なカウンセリングの受け方
埋没法
・埋没法
−瞼板法−
・瞼板法とは
・瞼板法の種類
−挙筋法−
・挙筋法とは
・挙筋法の種類
切開法
・切開法
・切開法の種類
術後を決定する最大の要素
・埋没法の術後の経過を決定する最大の要素
・糸を強く結ぶことによるデメリット
・糸を強く結ぶことによるメリット
・糸をゆるく結ぶことによるデメリット
・糸をゆるく結ぶことによるメリット
患者のできる手術協力
・デザイン時の注意
・麻酔時の注意
・手術中の注意
良いクリニック及び医師選び
・クリニックのホームページを見る
・医師の経歴
・美容外科の経験年数
・カウンセリング無料のクリニック
・電話予約時の注意
手術料金の高いクリニックと安いクリニック
・カウンセリング
ここが知りたい
FAQ
症例写真(埋没二重)
料金一覧
無料メールカウンセリング
モニター募集
監修クリニック紹介
二重まぶた講座 トップページ | 二重まぶたの原理 | 上手なカウンセリングの受け方 | 埋没法(瞼板法・挙筋法) | 切開法 | 術後を決定する最大の要素 |
患者ができる技術協力良いクリニック及び医師選び | ここが知りたい | FAQ | 料金一覧 | 無料メールカウンセりング | モニター募集 | 監修クリニック紹介
Copyright(C) 2005 TUTU I-biyougeka. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】