二重まぶたに関する情報が満載。埋没法や切開法などのふたえ手術方法をはじめ、術後の不安など様々な情報を掲載!

二重まぶた・ふたえの情報サイト
MENU
トップページ
二重まぶたの原理
上手なカウンセリングの受け方
埋没方
切開法
術後を決定する最大の要素
患者ができる手術協力
良いクリニック及び医師選び
ここが知りたい
FAQ
FAQ
料金一覧
無料メールカウンセリング
モニター募集
瞼板法 挙筋法
良いクリニック及び医師選び
クリニックのホームページを見る
HPはクリニックのPRですから、一般的にはクリニックにとって良い点を強調しています。しかし、治療方針や手術方法など参考になることもあります。逆にあまり詳しく説明していない場合でも、マイナスの資料として参考になります。とりあえずは、HPを見てみましょう。
医師の経歴 
出身大学や専士号及び専門医や認定医など、研究論文の提出や学会での研究発表などが認められて得られる称号や資格ですので、研究した分野に関しては、それなりの業績があり価値のあることです。また、医師の評価としても参考になります。しかし、それでけで、二重まぶたの手術が上手だと決めつけるのは、軽率と言えます。なぜなら、それらの資格は、二重まぶたの技術が認められて得られたものではないからです。
美容外科の経験年数 
これもある程度参考になりますが、長年美容外科医をやっているから、それだけで二重まぶたの手術が上手だとは言えません。もちろん、数をたくさんこなせばそれなりに上達はしますが、向上心を持たず、金儲けのためだけにいくら数多く手術してもその技術には限りがあります。
カウンセリング無料のクリニック 
一般病院や診療所の場合、初診料がいくらかかかります。
弁護士に相談する場合も、30分5,250円(税込)の相談料がかかります。医師の資格を持つ人間が時間をさき、専門的知識を用いて説明し、診察する行為に対して料金を取るのは当然のことだと思いますが、それを無料で行うには、それなりの理由があると思います。
患者の心理としては、タダでやってもらっているから、あまりたくさんのことを詳しく尋ねて時間をかけるのは気がひけるという気持ちになるかもしれません。また、タダでカウンセリングしてもらったから、手術しないと申し訳ないという気持ちになる人もいるかもしれません。
医師側は、何とかして手術にもっていかないと相談に費やした時間が無駄になるという心理が無意識のうちに働いてしまうのではないでしょうか?ボランティアで診療しているクリニックはないと思います。変にクリニックに同情することなく、自分の意志をしっかり持って、うまく利用すると良いかもしれません。もちろん、そこで手術したいと心から思うことができれば、そこで行えば良いと思います。
電話予約時の注意 
・術後問題が生じた場合、無料でみてもらえるかどうか。また治療が必要になった場合、治療費はどうなるのか聞いておきましょう。こういうことは、失礼な気がして尋ねにくいものですが、この時の受付の対応が参考になります。
・相談後、すぐ手術を勧めるクリニックは注意した方が良いでしょう。
・カウンセリングの医師と手術する医師が同じクリニックの方が良いでしょう。
手術料金が高いクリニックと安いクリニック 
美容外科の手術料金は、規定も規準もなく経営者が決めるため、大きな開きがあります。技術が高い順に料金が設定されていれば、分かりやすくて良いかもしれませんが、実際は、そうではありません。手術料金が非常に安いクリニックの場合は、安くした分、数をたくさんこなさないといけませんから、普通に考えると1つの手術にそれほど多くの時間をかけられなくなるかもしれません。
二重まぶたの手術をする場合、患者によっては、簡単に手術しやすいまぶたと、ある程度技術が要求される非常に手術しにくいまぶたがあります。後者の場合、型通りのやり方ではうまくいかず、何度も固定し直して、ちょうど良いラインを見つけださないとなかなか良い結果は得られにくいと思います。
安い費用で、良い結果を得られれば、これほど良いことはありません。逆に高い費用を出して、結果に問題があれば悲劇です。料金だけで単純に決められるものではありません。
カウンセリング 
できれば、いくつかのクリニックで何人かの医師にまぶたの状態をみてもらってアドバイスを受けるのが良いと思います。希望する二重のラインに対する医師のアドバイスは、医師によっても多少異なることがあるからです。
また、何軒か美容外科の診察を受けているうちに、雰囲気に慣れてきて自分の意見をしっかり伝えることもできるようになるかと思います。さらに、担当医が患者の質問に対して、分かりやすく適確に答えてくれるか、よくみておくことも大切です。
いろいろなケースを数多く経験し、それら1つ1つにまじめに取り組んできている医師は、自信に満ち溢れています。また、心にも余裕があるため、どのような質問にも丁寧に、分かりやすく答えてくれるでしょう。もちろん、分からないことは、分からないと正直に言ってくれると思います。
これは、術前の参考にはなりませんが、良いクリニックや良い医師かどうかという判断は、皮肉にも術後の対応ではっきり分かります。
良いクリニックは、術後に問題が生じた時、電話を受けた受付は、患者の不安や感情を受け止め、適確な指示をしてくれ、必要があれば医師の診察を勧めてくれます。
また、良い医師は、患者の問題を正面から受けとめ、問題となっている部分の原因を考えます。そして、そのありのままを患者に説明し、改善策を話してくれます。さらに、患者と一緒になって改善の方向へ向かって努力してくれます。
逆に、腕に自信のない医師又は金儲けだけを考えている医師は、クレームを一番嫌います。できるだけ受付に対応をまかせ、逃げようとする医師が多いようです。また、そのような医師の説明も素人騙しの口先だけの説明で終わることが多く、患者にとっては、医師の誠意が伝わってこないものとなるでしょう。
  皆さんには、良心的なクリニック・良い医師のもとで手術を受けていただきたいものです。

二重まぶたの原理
・二重まぶたのできる構造
・二重まぶたの原理
上手なカウンセリングの受け方
・カウンセリングとは
・上手なカウンセリングの受け方
埋没法
・埋没法
−瞼板法−
・瞼板法とは
・瞼板法の種類
−挙筋法−
・挙筋法とは
・挙筋法の種類
切開法
・切開法
・切開法の種類
術後を決定する最大の要素
・埋没法の術後の経過を決定する最大の要素
・糸を強く結ぶことによるデメリット
・糸を強く結ぶことによるメリット
・糸をゆるく結ぶことによるデメリット
・糸をゆるく結ぶことによるメリット
患者のできる手術協力
・デザイン時の注意
・麻酔時の注意
・手術中の注意
良いクリニック及び医師選び
・クリニックのホームページを見る
・医師の経歴
・美容外科の経験年数
・カウンセリング無料のクリニック
・電話予約時の注意
手術料金の高いクリニックと安いクリニック
・カウンセリング
ここが知りたい
FAQ
症例写真(埋没二重)
料金一覧
無料メールカウンセリング
モニター募集
監修クリニック紹介

二重まぶた講座 トップページ | 二重まぶたの原理 | 上手なカウンセリングの受け方 | 埋没法(瞼板法・挙筋法) | 切開法 | 術後を決定する最大の要素
患者ができる技術協力良いクリニック及び医師選び | ここが知りたい | FAQ | 料金一覧 | 無料メールカウンセりング | モニター募集 | 監修クリニック紹介
Copyright(C) 2005 TUTU I-biyougeka. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】